INTERVIEW

若手がいかにリーダーシップを発揮できるかが、組織の価値を大きく左右する

SEKI YUSUKE

キャリアも人生も、判断スピードとそのオプション数に大きく作用されると思います。早く決めることで多くを経験し、たくさんの選択肢を持つことで豊かになる。様々な人や会社との関わりの中で、いかに多くのことに自分自身で判断を下し、その選択に責任をもってコミットできるかが、ビジネスにおいてとても大切だと思います。

仕事という枠組みでは括ることのできない、人生の命題だと思う。

いろんなことが急速に変化していくご時世なので、「目標を固定する」ということが、とても難しいことになってきたように感じています。もちろん、会社の数字的な目標、前年比での伸長は設定しています。でも、不確実な時代の中で、自分がどういった価値観で、どんな価値を、どのフィールドで発揮し、どんな対価を得て、どんな資産を築きたいのか?ということは、仕事に限ったことではなく、人生の命題であり、日々変化していくべきものだと思います。その中で、常に目標を更新できるよう、様々な人との関わりを大切に、多くのインプットをし続けて、よい決断をしていきたいと感じています。

リーダーとしてこれからのライツアパートメントを考える。

「自分個人のスキルをいかに伸ばすか」という気持ちがとにかく強かった入社時から、いまは「いかに組織を強くするか、そのために何に投資するか」という考え方に変わってきています。2名のチームメンバーからスタートした27歳の頃から約4年、現在22名のチームメイトのリーダーとして、何よりも大切にしているのは「人材への投資」、つまり人材育成です。僕は20代前半でP&Gという、世界トップクラスの人材教育カルチャーと実績がある会社に、数年間出向する経験を頂いたのですが、ここで学んだのは、ビジネスにおいて「リーダーシップをとる」ことを若いうちから叩き込むことの大切さでした。当たり前に聞こえることかもしれませんが、これがあるとないとでは、僕らの仕事の視座や、ビジネスパートナーに与えられるインパクトはとてつもなく変わると、身体感覚で学ばせられました。さらに、チームにリーダーシップを持ってもらう上で僕が意識していることは3つ。

1) 仲間を信頼すること:頼られると、仕事も人生も豊かになる
2) ビジョンを持つこと:人を動機づけ、目標を達成するガソリンになる
3) 自ら判断すること:責任をもって決めることが、周りを先導する決め手になる

こういったマインドや姿勢は、携わる業務の大小に関わらず、徹底的にチームの若手を中心に教育しながら前に進むよう心がけています。僕らの組織が標榜するプロデューサー集団とは、ビジネスパートナーたちを自らの意志とリーダーシップで常に先導し、業界構造を変革して行く組織のこと。自分たちの力で世の中を変えて行く、という意志を持ち、成長し続けることを探求して行く、そんな会社を目指しています。

interview

仕事という枠組みでは括ることのできない、人生の命題だと思う。

いろんなことが急速に変化していくご時世なので、「目標を固定する」ということが、とても難しいことになってきたように感じています。もちろん、会社の数字的な目標、前年比での伸長は設定しています。でも、不確実な時代の中で、自分がどういった価値観で、どんな価値を、どのフィールドで発揮し、どんな対価を得て、どんな資産を築きたいのか?ということは、仕事に限ったことではなく、人生の命題であり、日々変化していくべきものだと思います。その中で、常に目標を更新できるよう、様々な人との関わりを大切に、多くのインプットをし続けて、よい決断をしていきたいと感じています。

リーダーとしてこれからのライツアパートメントを考える。

「自分個人のスキルをいかに伸ばすか」という気持ちがとにかく強かった入社時から、いまは「いかに組織を強くするか、そのために何に投資するか」という考え方に変わってきています。2名のチームメンバーからスタートした27歳の頃から約4年、現在22名のチームメイトのリーダーとして、何よりも大切にしているのは「人材への投資」、つまり人材育成です。僕は20代前半でP&Gという、世界トップクラスの人材教育カルチャーと実績がある会社に、
数年間出向する経験を頂いたのですが、ここで学んだのは、ビジネスにおいて「リーダーシップをとる」ことを若いうちから叩き込むことの大切さでした。当たり前に聞こえることかもしれませんが、これがあるとないとでは、僕らの仕事の視座や、ビジネスパートナーに与えられるインパクトはとてつもなく変わると、身体感覚で学ばせられました。さらに、チームにリーダーシップを持ってもらう上で僕が意識していることは3つ。
① 仲間を信頼すること:頼られると、仕事も人生も豊かになる②ビジョンを持つこと:人を動機づけ、目標を達成するガソリンになる③自ら判断すること:責任をもって決めることが、周りを先導する決め手になるこういったマインドや姿勢は、携わる業務の大小に関わらず、徹底的にチームの若手を中心に教育しながら前に進むよう心がけています。僕らの組織が標榜するプロデューサー集団とは、ビジネスパートナーたちを自らの意志とリーダーシップで常に先導し、業界構造を変革して行く組織のこと。自分たちの力で世の中を変えて行く、という意志を持ち、成長し続けることを探求して行く、そんな会社を目指しています。
「 就活生に向けて、ひとこと 」
COMMENT
先輩、上司、会社・・・これから社会との関わりが広くなる中で最も大事なのは、「自分の意志」と、そこに向けて「主体的に動くマインド」です。社会は、自分がやりたいこと・楽しめることを実現するための手段でしかありません。企業研究や、OB訪問など、就職活動中に行う全ての行動は、「内定を取る」ためではなく、自分の意志や実現したいことを発見するための機会と捉え、前向きに頑張ってください。