INTERVIEW

ツイ廃がまさか仕事になるなんて!やりきる力がチャンスを広げる。

kuwabara YUSUKE

学生時代から毎日使っていたソーシャルメディア。この文脈でなら、ブランドの想いを伝えながらたくさんのフォロワーから反応をもらえるのではないか。お仕事として、投稿の反応を計測しながら試行錯誤を続けた結果、大手ブランドのソーシャルマネジメントをリードする立場に。

やりたいことを、やりきってみる。

「この志望動機書けば、企業文化にフィットしそうだな」とか「こう答えたら内定もらえるな」とか、そういう就活も1つの手です。でも、もし「本当はこういうことしたい!」があるなら、それをぶつけてみることも大事だと思います。実際にそれで話が広がったり、自信を持って話せるからこそ切り開けるチャンスというのが、存外たくさんあるからです。幸いなことに、僕はそういう就活をしながら内定をもらえました。お仕事をしていて思うのですが、あれもこれもと手を広げている人よりも「これなら誰にも負けない」と言える人の価値が、あらゆる場所で高まっているように感じます。まぁ要するにトガッた人ということなのですが笑 「そうかもしれないですね」と言ってくれる人よりも、特定分野での経験を持って「いや、僕はこう思います」と言える人と働くと、学びも刺激も多いし、なにより楽しいです。「これなら誰にも負けない」ということを誰もが持っているはず!「いやいや、私なんて特別な能力ないです」とか思ったりしますけど、僕はツイ廃が強みになり、いまソーシャルマネジメントのお仕事をしています!就活のとき「やりたい仕事より向いている仕事を選べ」とかよく聞きますが、やりたいと思っていることをやりきることで声がかかるお仕事はたくさんあると思います。

ライツアパートメントは「肩書き」で人を縛らない。やりたいことに柔軟に向き合える環境

僕は「プランナー」という肩書きでお仕事をしていますが、クライアントの課題解決のためであれば、営業的な立ち回りをしたりプロデューサー的な動きをすることがあったりします。「プロデューサー」という肩書きだけれど、コピーライターやCDのような役割を果たしているメンバーも周りにたくさんいます。やりたいことが決まっていて働き出すのが一番ですが、働きだしたら「あれ、こっちも面白いかも」と思うことが結構あります。そういったときに、柔軟に働き方を変えていけるのはライツの魅力だと思います。僕自身、コピーライター⇒コミュニティマネージャー⇒ストラテジスト⇒プナンナーというキャリアパスを歩んできていて、その時々に興味を持ったり必要だと思った能力を学んできました。担当案件の中には、その能力のどれか一つが欠けても実現できなかっただろうな!というものも多いです。やりたい事をやりきって得た能力の組み合わせで、自分の強みを手に入れることができると、楽しいですよ!

interview

やりたいことを、やりきってみる。

「この志望動機書けば、企業文化にフィットしそうだな」とか「こう答えたら内定もらえるな」とか、そういう就活も1つの手です。でも、もし「本当はこういうことしたい!」があるなら、それをぶつけてみることも大事だと思います。実際にそれで話が広がったり、自信を持って話せるからこそ切り開けるチャンスというのが、存外たくさんあるからです。幸いなことに、僕はそういう就活をしながら内定をもらえました。お仕事をしていて思うのですが、あれもこれもと手を広げている人よりも「これなら誰にも負けない」と言える人の価値が、あらゆる場所で高まっているように感じます。
まぁ要するにトガッた人ということなのですが笑 「そうかもしれないですね」と言ってくれる人よりも、特定分野での経験を持って「いや、僕はこう思います」と言える人と働くと、学びも刺激も多いし、なにより楽しいです。「これなら誰にも負けない」ということを誰もが持っているはず!「いやいや、私なんて特別な能力ないです」とか思ったりしますけど、僕はツイ廃が強みになり、いまソーシャルマネジメントのお仕事をしています!就活のとき「やりたい仕事より向いている仕事を選べ」とかよく聞きますが、やりたいと思っていることをやりきることで声がかかるお仕事はたくさんあると思います。

ライツアパートメントは「肩書き」で人を縛らない。やりたいことに柔軟に向き合える環境

僕は「プランナー」という肩書きでお仕事をしていますが、クライアントの課題解決のためであれば、営業的な立ち回りをしたりプロデューサー的な動きをすることがあったりします。「プロデューサー」という肩書きだけれど、コピーライターやCDのような役割を果たしているメンバーも周りにたくさんいます。やりたいことが決まっていて働き出すのが一番ですが、働きだしたら「あれ、こっちも面白いかも」と思うことが結構あります。そういったときに、柔軟に働き方を変えていけるのはライツの魅力だと思います。
僕自身、コピーライター⇒コミュニティマネージャー⇒ストラテジスト⇒プナンナーというキャリアパスを歩んできていて、その時々に興味を持ったり必要だと思った能力を学んできました。担当案件の中には、その能力のどれか一つが欠けても実現できなかっただろうな!というものも多いです。やりたい事をやりきって得た能力の組み合わせで、自分の強みを手に入れることができると、楽しいですよ!
「 就活生に向けて、ひとこと 」
COMMENT
就活ってあくまで社会人生活の入り口でしかなくて、最初に入った会社で人生が決まるわけでもないので、気楽にやるのがいいと思います。どんどん転職していくキャリアが当たり前なので、悩みすぎずにやりたいことに正直に頑張ってくださいー!