INTERVIEW  青木菜奈

大変なほど、得るものはたくさんある。この経験を多くの人に伝えていきたい。

営業  青木菜奈 Nana Aoki

エグゼスタッフの一員として、スタッフの教育・キャンペーンやイベントの実施運営管理などを担当。尊敬する上司の元、着実に成長を続けている。

冬でも半袖・短パンで過ごしていました。そのせいか、今でも寒さにはめっぽう強いです。小さいころの夢はイルカの飼育員でした。学生時代には、接客のアルバイトを沢山していました。とにかく接客の仕事が好きで、そこで学んだお客様とのコミュニケーション力が、展示場の仕事でも活かせていると思います。

人材の教育・管理を

現在は、住宅展示場の受付スタッフの教育・管理を行っています。クライアントは、大手住宅メーカー様です。クライアントにご満足いただけるスタッフの教育に、日々取り組んでいます。明るさ、元気のよさ、根性があるところは、誰にも負けない自信があります。

いくつもの達成で、成長を実感する日々

イベントが成功した時に、また、自分が教育したスタッフがクライアントから褒められた時、やりきったという達成感を感じます。1年前までは何もできなかった自分が、面接講習ができるようになり、クライアントが求める人材を送ることができた時には自分の成長を実感しました。

少し遅れて感じた、成功の喜び

[アディダス ジャイアンツ開幕戦]
「ジャイアンツ開幕戦」のオープニングセレモニーで、アカデミー生のチャンピオンフラッグの誘導担当の責任者をさせていただいた時のこと。リハーサルではライトとレフトのタイミングが合わず、遊び盛りのアカデミー生の指導がとても大変でした。また保護者の方との連携もとれず、怒られることもしばしば。このままではいけないと思い、アカデミー生に常に緊張感を持つように指導を行い、休憩中には積極的にコミュニケーションを取りました。本番はばっちり決まり、一安心。アカデミー生が「楽しかった!」と言ってくれたことが嬉しく、またお叱りを受けた保護者の方にも感謝の言葉をいただき、成功の喜びをひしひしと感じることができました。

スタッフのお手本になることができた

[住宅展示場受付業務]
住宅展示場での案内の仕事をした時のこと。展示場の外での呼び込み接客を担当していたのですが、季節は冬。冷たい雨が降っていたためお客様も少なく、ご案内が非常に難しい日でした。しかし日頃からスタッフに教育している通り、とにかく見てほしいという気持ちで集客に励み、興味がない方にも少しでも知ってもらおう!という気持ちで宣伝を行いました。その結果、展示場に来場されたお客様の9割をご案内することができました。帰る際にクライアントに「さすがですね!」と言われた時がとても嬉しかったです。クライアントからの評価はスタッフのモチベーションにつながる。そんなスタッフをこれからも育てていきたいと思いました。

エグゼスタッフを、住宅展示場でNo.1の会社にしたい

もっとうまく時間をコントロールできるようになる。住宅展示場でNo.1の派遣会社になる。そのための人材採用・教育を行っていきたいです。そしてスタッフが、楽しい、やってよかったと思ってもらえる仕事を実現したいです。

人生は一回限り。後悔のない仕事選びを!

ライツグループでは、やってよかったと思える仕事、出会ってよかったと思える素敵な人にたくさん出会えます。人生は一回限り。がんばってください!